本文へ移動

静電粉体塗装設備

①コンベアーにハンガーで吊る

素材に専用のハンガーを付け、コンベアーに吊り掛けます。
その為、素材には吊り掛け用の孔が必要になります。

②前処理・水洗工程出口

不純物が取り除かれ、粉体の密着が一番良い状態です。

③粉体ブース出口

粉体が付着した状態です。
粉体は微弱な静電気を流す事により付着します。
この後、約180~200度の焼付工程を行い、綺麗な被膜層が出来上がります。

④コンベアーからハンガーを外す

最終工程です。
荷揃えをし、屋内に一度ストック(規定時間)されてから出荷されます。

塗装前

写真の様な油などの汚れた状態で、脱脂、水洗工程を通り塗装を行います。

塗装後

上記の工程を終えて、約2時間後に塗装された状態で出てきます。
TOPへ戻る